あなた勘違いしてない?就活の自己PRで実績は大事じゃないよ


どーも。広告マンブロガータキト(Takito_will)です。
 
就職活動も佳境に近づいてきましたね!
 
「就職活動が思うようにいかない….」という人もいるでしょう。
 
まさかですが、自己PRで実績を自慢してないですよね…?
 
実績の自慢をしているようじゃ、落ち続けますよ
今日は、書類選考ほぼ100%の実績を誇る僕が、受かるための自己PRの作成術をお教えします。

SUPONSORED LINK

大前提:自己PR=実績の自慢大会ではない

自己PRを書く時に、「◯◯で優勝しました」と実績を自慢したがる学生が大勢いますが、それは大いに間違っています。

自己PRとは、自分がどういう人間で、この会社を通じて何をしていこうとしているかアピールポイントを話す場所です。

自己PR書くべきこと

僕は小学一年から高校三年までずっと野球。遊ぶ時も野球。高校時代に怪我をしたこともあって大学では野球をやめた。

これまで野球しかやってこなかったので何に熱中すればいいかわからず、気がついたら就活の時期が来ていた。

そんな僕はもちろん自己PRで話す内容なんてなかった。

就活を始めた当初は仕方なく、小学生〜高校三年までの野球の経験を話すが、野球で凄い実績を残したわけでもなく、大学時代のこれといった経験がないので、大した話ができなかった。

就活当時の僕を一言で表すと、
 
「熱中した野球では結果を出せず、その後の4年間の大学生活で何もしてこなかった人」
振り返ると僕が面接官なら採用したくない学生ですね(苦笑)
 
そんな僕が電通社員のOB訪問でいただいた答えは下記です。
・自己PR=自分の強みが透けて見えると良い。
・面接官は一日で40人面接する。
・ESはあらかじめ目を通しているが斜め読み。
 
 
面接官
本人から見てどこがアピールか言ってほしい。
こいつ何ができるの? 
 

これから就活や面接がある人は参考にしてみてください。

あなたのアピールポイントは?

アピールポイントは何で、何ができるのかを端的に言うこと。

思いつかないならもう一度本気で自分の人生を振り返って考えてください。この時にとても重要なのが

「他人と比較しないこと」

自分ではたいしたことないと思っていても、実は他人から見たら魅力的なことっていうこともあります。

考え抜いて自分のアピールポイントを見つけることができればまだ結果が出てなくてもいい。

自分のアピールポイントを考える時に、「既にやり遂げたことで考える必要は全くない!

まだ結果が出ていなくても、自分が得意と思うことや、好きなことは今後の武器になる可能性を大いに秘めています。

これは必ず守ってください。 僕はというと、理想がとても高い人間なので案の定、就活の時に自分の強みが見つかりませんでした。

ただこれではまずいと思い本気で考えました。自分がこれまでの人生で何か成し遂げた時や嬉しかったことが起きた時の自分の行動を。

SUPONSORED LINK

本気の時の集中力ハンパない

僕がこれまでの人生を本気で振り返った時のアピールポイントです。僕はものすごく負けず嫌いです。ただ一方ではどうでもいいことでは結果が出なくてもいいやと考えます。

 その結果、自己PRの時、他の就活生みんなが次々と

「〇〇で優勝しました」
「バイトでお店の経営を任させるようになって〜」

とデフォルトのような内容の自己アピールをしていく。

その中で僕は堂々とこう言いました。

「やるときの集中力はハンパないです。これがアピールポイントです。これは今後のグループワークで証明します。」

はい、周りからは痛い視線がちらほらとwww

ただ、面接官にインパクトを与えられた自信はあったし、実際にとてもインパクトに残ったと後から人事の方に言われました。
(その時は決して良い意味でのインパクトではないですが笑)
 

SUPONSORED LINK

自分をしっかりと理解していることが大事

 僕のもう一つの性格が力を発揮します。
 
「ダサいことはしたくない」ということ。

この大胆な宣言をして痛い視線を浴びたことがその後の僕の原動力でした。だって、こんなこと言って何も結果出さずに終わったら相当痛いやつじゃないですか笑

 だからその後のグループ面接は全神経を注いで死ぬ気で取り組みました。その結果、グループは一番になりました。
 

まとめ

自己PRとはこれまでの実績を話す場所ではなく、自分がどんな人間なのかを端的に話す場所です。人事はこれまでの結果を聞きたいわけではありません。
 
自分が何が好きで、何ができるのか
 
これさえ言えればいいのです。その時になんでそう思うのか。
なんでそれを、これまでの人生のエピソードの中からチョイスして今話しているのか。
 
これを面接官に話せばいいのです。自己PRの内容が大事ではなく、その話を選んだ理由が一番大事なのです!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人生いかに自分らしく、楽しく過ごすことができるか日々模索中。自分自身が楽しむのはもちろん、自分の関わる人が一人でも多く喜んでもらえる人間になりたいと思ってます。 仕事への価値観や時事ネタへの意見などジャンルフリーで描いています。 詳しいプロフィールはこちら