イマ社会人として働いている理由


どーも。

今日はイマ社会人として働いている理由を書いていきたいと思います。

僕は社会人になるまでたくさん葛藤がありました。社会人への疑問もたくさんありました。
本当に社会人って楽しいの?みんな我慢してるんじゃない?って。

朝起きて夜遅く帰ってきて、また朝が来れば会社に行って、、、夜は飲み屋で会社の愚痴を言い合って。お酒で不満を紛らわせて。。
これが学生時代の僕の本音です。

だから、学生時代に多くの人に上記のような自分の考えをぶつけていきました。

社会人に対して「社会人って楽しいですか?」

今考えるとぶっ飛んでますよね。
社会人として働いている人に社会人って楽しい?
僕は楽しそうに見えないから、社会人になりたくない。だからアドバイスをください。

この質問の結果は以下のとおり。

「とりあえず働いてみてから面白い、面白くないを判断しなよ」

聞くべき人に適切な質問をしてなかったなと。。。。
これは僕の主観ですが、こういう回答する大人は、以下のことを考えているんじゃないかなと。

「いや、社会人として働くのが普通じゃん?それに他人の人生に首突っ込んで曖昧な答えするのはちょっと、、、」
「俺、社会人でしか働いたことないからアドバイスなんてできないよ」

自分でも世間一般に見る社会人になりたくないと自分で思いながらも、どうすればいいのかわからずいました。
その結果、生きていくための手段として企業に就職して「社会人」として働いています。

はい。なりたくない、くだらないと学生時代に思っていた人生を過ごしています。
これは認めるしかないですね。本当にダサいです。

では、どうするの?このまま嫌だと思っていた(いる)人生を続けていくのか?
4月から働きつつ自問自答していました。

結果、

2017年6月を目処に退職を決意しました。

なぜ、6月なのか?また、社会人として働いてみて感じたことは?については次回以降書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人生いかに自分らしく、楽しく過ごすことができるか日々模索中。自分自身が楽しむのはもちろん、自分の関わる人が一人でも多く喜んでもらえる人間になりたいと思ってます。 仕事への価値観や時事ネタへの意見などジャンルフリーで描いています。 詳しいプロフィールはこちら