もっと話しかけたい!と思われるには『質問力』を磨け


この記事を読みに来てくれたそこのアナタ!おそらくこんな悩み持っていますよね?

・会話のネタがなくなり、話が途切れる
・気軽に話せる空気がつくれない
・気の利いたことが言えない
・聞きたいことが聞けない
・相手の考えが汲み取れない
・的外れなことを言ってしまう
・自分が何を聞きたいか言語化できない。

おそらく当てはまったのは一つではなく、2つ、3つとあったのではないでしょうか??

大丈夫!安心してください。この悩みは全て『質問力』を磨くことで解決されます。

SUPONSORED LINK

うまく喋る必要はない

『口下手で困っているんです。』

こういう人に限ってうまく喋ろうとしすぎてませんか??

もともと話すのが苦手という自覚があるのに、『うまく喋ろう』なんてハードルが高すぎです。まともにキャッチボールもできないのに、試合で活躍したいと言っているのと全く同じです。

まず大切なのは、

『うまく喋ろう』という気持ちを捨てること

口下手だからこそ、相手に話してもらおう

もう一つ。

話すのが苦手ならば、相手に話して貰えばいい。

苦手意識があることを100%克服しようとするとハードルが高く見えがちです。それに怯んで逃げてしまうなんてことを。

いきなり完璧を目指すから大変なんです。

自分で話すのをうまく話せるようになるよりも、相手に話してもらう方が簡単じゃないですか??

それでも、『いや、うまく話せるようになりたい!』というそこのアナタ!もう少しだけ付き合ってください。きっとタメになるから。

人は自分に興味ある人に好感を持つ

一旦、視点を変えましょう。

アナタはどんな人に話をしたくなりますか?おそらくですが、こんな人ですよね。

自分に興味があって、話をしっかりと聞いてくれる人

これはみんな共通しているはずです。アナタが既に日常で『つい話したくなる人』って自分の話をしっかりと聞いてくれてますよね?

そうです。だから、アナタもしっかりと相手に対して、『私はアナタに興味があって話が聞きたいです。』という姿勢を伝えることができれば、相手は自然と話してくれるものです。

そうして、相手に『この人にもっと話したい!』と思わすことができればOK!

要するに、話上手ではなく、聞き上手になることを目指すのです。

黙って相手の話を聞くことが聞き上手ではない

これまで、みなさんの悩み解決のためにすべきことはこの2つと言ってきましたね。

・相手にもっとこの人に話したいと思わせる
・話上手ではなく、聞き上手を目指すべき

では、そのもっと話したい人、聞き上手な人ってお地蔵さんのように黙って話を聞いて時より頷いてくれる人でしょうか…?

答えは違いますよね。相槌だけでなく、話の流れに応じた『質問』や話を盛り上げる『切り返し』が必要ですよね。

ちょっとハードルが高く感じましたでしょうか…?大丈夫です。ゴールは最初と同じで『質問力』を磨くことです。みなさんイマ、こんなことを思ってるのではないでしょうか…?

良い質問ってどうすればできるの??

質問は良い質問とそうでないものなど4つに分けることができます。

質問の4分類

『質問』は大きく以下の4つに分類することができます。

軽い質問

相手との距離感を縮める質問。気軽に話せる、答えやすい質問。目的は情報収集

・挨拶に近い「答えやすい」質問
・成功体験など「話していて楽しい」質問
・趣味や専門領域の「話し慣れている」質問

最近、仕事の調子どう?

良い質問

相手のためになる質問。質問内容が頭の整理に役立つもの。「気づき」がある質問。

・「本質的なこと」を問う質問
・「相手の価値観」を揺さぶる質問
・「視点が広がる」質問

どうして仕事を辞めたんですか?

重い質問

答えにくい、考え込む質問。相手の「触れられたくない点」を問うので、配慮が必要。

・「生き方」や「価値観」を問うような質問
・相手の「失敗」や「汚点」を聞くような質問
・「秘密」を打ち明けてもらうような質問

仕事を辞めてこれから何していくの?

悪い質問

相手との関係を壊しかねない質問。不憫な内容で、相手の気分を損ねることが多い。

・プライベートなことを聞く「ずうずうしい」質問
・「自分の価値観」を押しつけるような質問
・話の意図がわからない「意味不明」な質問

どうして、子供を作らないのですか?

「軽い質問」から徐々に「重い質問へ」

一番聞きたい内容が、少し踏み込んだ「重い質問」の時。いきなり勇気を振り絞って質問しても相手は警戒心だったりで答えてくれない可能性が高い。

聞きたい内容が同じ場合でも、まずは「軽い質問」から入り、答えやすい空気を作ることがとても大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人生いかに自分らしく、楽しく過ごすことができるか日々模索中。自分自身が楽しむのはもちろん、自分の関わる人が一人でも多く喜んでもらえる人間になりたいと思ってます。 仕事への価値観や時事ネタへの意見などジャンルフリーで描いています。 詳しいプロフィールはこちら