コンペについて


どーも

今日は「コンペ」について書きたいと思います。

代理店は広告主あってこそ存在するものです。そして広告主は、自社の商品や自社自身を宣伝するために広告を出します。
もちろん広告主は自社で広告を出しても良いわけです。そうすれば代理店に払う手数料は発生せずに、広告費を安く抑えることができます。

では、なぜ広告を出すのに代理店を使うのか…?
理由は様々ありますが、他者が広告の専門家である代理店を通じて広告掲載している場合、
専門知識の乏しい自社だけでは、代理店を使っている競合他社に宣伝の面で負けてしまい、お客さんを奪われかねませんから。

では、なぜコンペを行うのか。
こちらも理由は様々ありますが、コンペ=商品選びと考えていただければイメージがつきやすいと思います。
自分のオーダーをいくつかの代理店に伝えた上で何ができるのか後日プレゼンをしてもらうのです。
その複数の代理店のプレゼンを聞いた上で広告主は一番自分の希望を叶えてくれそうな代理店に広告掲載をお願いするのです。
ただ、この「コンペ」が代理店にとってはとってもシビアなものなのです。
大体のコンペのオーダーは月〇〇万円〜億単位かつ3か月間や長期間では1年契約のものがあります。
これだけ大きなお金が動くので各代理店は寝る間も惜しんで、どうしたら自分のプレゼンを気に入ってもらい見事受注ができるのか頭をひねって取り組みます。この「コンペ」がシビアなところは、もし選ばれなかったらそれまで何日間も寝る間も惜しんで準備したものが一円にすら変わらないのです。

コンペとは0か100かの勝負なのです。
手前味噌ですが、幸いなことに僕自身これまでコンペで無敗なので、いつかコンペにかつコツについても書ければなと思います。
(もちろん、汚い手は一切使ってないですよ笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人生いかに自分らしく、楽しく過ごすことができるか日々模索中。自分自身が楽しむのはもちろん、自分の関わる人が一人でも多く喜んでもらえる人間になりたいと思ってます。 仕事への価値観や時事ネタへの意見などジャンルフリーで描いています。 詳しいプロフィールはこちら