アイドル界でAKBが一人勝ちできたワケ


皆さんはアイドルが好きでしょうか??

イマはAKB48、乃木坂46、欅坂46の人気が圧倒的ではないでしょうか??僕は乃木坂46が好きです。

なぜ、AKB48や乃木坂46、欅坂46が数多くのアイドルグループの中でこれほどまで突出して人気なのでしょうか??

そこにはこれまでのアイドルとは違うものの存在がありました。

乃木坂46、欅坂46の人気はAKB48の人気があってこそのものなので、今回はAKBがアイドル界で一人勝ちできたことについて言及していきます。

SUPONSORED LINK

AKB48を知ったきっかけ

僕が初めて好きになったアイドルグループは「AKB48」でした。

きっかけは高校生の時。移動教室の先から友達がAKB48が一面を飾った新聞を教室に持ち帰ってきました。

そこでこの中でどの子が好きかという言い合いをきっかけにAKB48を知り、どんどん好きになっていきました。

モー娘。、ももクロなど他のアイドルにはハマらなかったのに、AKB48はハマったのか。

当時はよくわかっていませんでした。 

ただ、先日「人生の勝算」という本に出会って初めて自分がAKB48を好きになった理由を、そして大勢の人がAKB48にハマっていったのか理解できました。

先ほど紹介した「人生の勝算」では、コミュニティ論が語られていて、AKB48が強い理由として「余白」の存在について書かれています。

余白とは、不完全性であり、つい埋めたくなっちゃう要素です。

僕がAKB48を好きになった時は、桜の栞という曲が発表された当時で、まだ社会現象としてニュースに取り上げられる少し前の段階でした。

※この曲はアイドルでは考えられない合唱曲であって、普通はこの曲をきっかけにアイドルファンにはならないと思いますw

今では名の知れたメンバーが有名になろうと必死になって、自身の冠番組で体当たり企画に挑戦をしていました。

当時はまだまだ素人感が強く、どこかおぼつかない。

この不完全なところ=「余白」が応援したくなる、引き込まれる理由だったなと今では思います。

SUPONSORED LINK

これまでのアイドルはルックスや偶像性で勝負するのが常識

アイドル界でAKB48の前に人気だったグループといえばモー娘。です。僕も小学校の運動会のダンスでモー娘。の曲を使った記憶があります。

モー娘。の世間の印象は「歌、ダンスが上手い」という意見が多いのではないでしょうか?

実際にAKB48の人気が出てきてTVに出るたびにモー娘。と比較されて「歌、ダンスが下手」「モー娘。の方が全然上手い」とよくバッシングされていたのを覚えています。

このバッシングこそが「余白」なのです。

実際に、徐々に世間の見方が変わり「◯◯のダンスが上手くなってる」と、メンバーの成長に対する言及が多くなっていました。

SUPONSORED LINK

指原が総選挙で1位になれたワケ

総選挙で3連続1位を獲得した指原。総選挙での総投票数も2位と圧倒的な差をつけるほどの大人気ぶり。

そんな彼女のAKBで
売れたきっかけは「イジられること」です。

彼女の総選挙での最初の順位は27位。

最初っから目立つメンバーであったワケではなく、同期の中でも他のメンバーが先に正規メンバーへと昇格しています。

しかも、この総選挙後、AKB48の関連番組で
2度バンジージャンプを飛ぶことができずに半年間番組から干されることに。

しかし、これを逆手にとり、これまでのアイドルでは考えられない「ヘタレキャラ」としてAKB48の別番組で活躍し始める。

まさに指原は「余白」だらけの存在でした。

余白はファンを熱狂させる

このように「ヘタレ」という「余白」があるからこそ、ファンの人は応援してあげないと、助けてあげないとダメだという気持ちになる。

指原に限らずAKB48にはダンスが下手なメンバー。話すのが得意じゃないメンバーなどがたくさんいます。

そんな彼女たちが、必死に踊る姿、涙をこらえながらスピーチする姿。このように成長していく過程にファンが一緒になって熱狂するのです。

AKB48に「余白」があったからハマった

僕自身、AKB48にハマっているという実感はあったものの、なんでと言われるとなかなか上手く答えることができなかった。

もちろん、アイドルなので「かわいい」からという理由はあったけど、それだけではない。言葉にはできない何かがありました。

それが「余白」という不完全性。そして、その「余白」を日々努力して埋めていく姿に僕が熱狂していたのだと思います。 

秋元さんはおそらく、そのことを見越してこのAKB48というグループを結成し、さらにはその彼女たちの「余白を埋めていく過程を生で体感できる「劇場」を設けた。

結果、「会いに行けるアイドル」というコンセプトを設けたのだなと今になってとてもしっくりきています。

ABOUTこの記事をかいた人

人生いかに自分らしく、楽しく過ごすことができるか日々模索中。自分自身が楽しむのはもちろん、自分の関わる人が一人でも多く喜んでもらえる人間になりたいと思ってます。 仕事への価値観や時事ネタへの意見などジャンルフリーで描いています。 詳しいプロフィールはこちら