家を「脱出」する理由


どーも。タキト(Takito_will)です。

今日は、何故家を脱出するのか。
なぜ出ていくではなく、「脱出」すると表現しているのか書いていきたいと思います。

「脱出」する理由。

1.通勤時間が長い。

今、片道約2時間かけて通勤しています。(多少もっていますが、、)
これを片道30分迄に縮められれば一番いいなと思います。

それだけで、一日の自由な時間が3時間もこれまでより増えて、
自分で家事をやるにしても相当な時間が手に入るのではないかと思っています。

2.家庭環境が嫌

今の仕事の関係上、24時頃に帰宅して、朝は7:00頃家を出ます。
家に帰って何かをやるとしても、夜中の時間しかありません。

ただ、周りの家族はもう寝ています。
周りが寝静まっているときにパソコンをいじるのは気が引けるし、遅くまで起きていると怒られます。
(心配してくれているのは分かるのですが、、、)

また、休日にPCをいじっているだけでも嫌味を言われたり、、、
(これも心配してくれているのは重々承知です)

とにかく、家では自分の好きなように時間を過ごしたいのです。
朝が早いから早く寝ろ。遅くまでTVを見る時間があるなら寝ろ。
休日はいつまで寝てるんじゃない。、、、、
親だからこのことを心配してくれるのはありがたいのですが、

と、まあ色々とあるのですが、そもそもの価値観が違いすぎることが一番の要因です。

以前にも書きましたが、うちは「分相応」が家訓のようなものです。
周りと同じく、敷かれたレールから外れないような生活をしなさい。
そんな家庭です。

だから、今回僕がブログを始めるにあたってwordpressを勉強するために本を読んでいると
怪しんだ目で見てきて、変なことやってるんじゃないでしょうね?と言ってきます。

もし仮に、僕が今後ブログで食べていきたい。仕事を辞めるなんて言った日にはお説教でしょうね。
なので、先に家を「脱出」して仕事を辞める必要があると感じています。

ここまで育ててくれた親への感謝の気持ちはもちろんありますが、
一方で上記のような不満があるのも事実です。

ただ、このことに関して、親に申し訳ない言った「感情論」
生まれる家庭は選べないといった、一見どうしょうもない「こじつけの理由」
自分を「殺して」生きていくことはダメだと思っています。

ブログで親のことをひどく書いたりしてなんなんだコイツは、と思うかもしれません。
ただ、そういった周囲からの目や、親への「感情」で自分を「殺して」しまうことが一番の問題だと思います。

これまでいわゆる「人生の分岐点」で何度も自分を殺して「周囲の目」を気にして生きていきました。
その結果が今です。不満を持ちながら日々仕事へ行き、生活するために働き過ごしています。

ここで変われないと本当に後がないと思ってますので、
まずは家から脱出して周囲の環境を変えることから始めていきたいと思います。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人生いかに自分らしく、楽しく過ごすことができるか日々模索中。自分自身が楽しむのはもちろん、自分の関わる人が一人でも多く喜んでもらえる人間になりたいと思ってます。 仕事への価値観や時事ネタへの意見などジャンルフリーで描いています。 詳しいプロフィールはこちら