我が家のカレーの隠し味を公開


どーも。広告マンブロガータキト(Takito_will)です。

だだん!
ブログチャレンジの記念すべき第一回目は「我が家のカレー」がテーマとなりました!

カレーといえば手軽に作ることができる一方で奥が深い料理ですよね!
人それぞれ使う具材や煮込む時間、さらには水分量まで様々で味にも個性の出る料理。
みなさんはご家庭でどんなカレーを召し上がっているのでしょうか?



我が家のカレーはシャバシャバ系

 

たまたまこのあいだのアメトーークでカレー大好き芸人がやっていました。
そこで議論になったのが、「シャバシャバ」派か「ドロドロ」派どちらかということ。

我が家のカレーは「シャバシャバ」です。
シャバシャバとは、水分量が多くスープのようなものを指します。

ただ、僕の好みでいうと圧倒的に「ドロドロ」派です。笑
だから、家のカレーよりも校外学習とかで作るカレーの方が好きでした。
(みんなで作るというのと、外の開放的なところで食べるということも美味しさに拍車をかけていると思いますが。)

隠し味はチョコレート

我が家のカレーの隠し味は「チョコレート」です。
隠し味の中では王道なのかな?と思ってますがどうなのでしょうか…..? 

母親は隠し味を入れないのですが、父親は決まってチョコレートを入れます。
これがとても美味しい!!と父親は言うのですが、ご想像通り、かなりの甘口に仕上がります。笑
子供の頃は良かったですが、今作る時は必死にチョコレートを入れるのは拒みます。

ネットで見つけた意外な隠し味!

カレーの隠し味といえば、「りんご」「ウスターソース」「はちみつ」なんかは王道かと思います。

ただ、他の家庭の隠し味気になりますよね!?
調べてみて個人的に面白かったベスト3を紹介します!

第3位  ビール

ザ・オトナの料理ですね!
水ではなく、ビールで煮込むそう。そうすると苦味が出る他にお肉も柔らかくなるんだとか。
美味しいかは微妙そうですが、怖いもの見たさで一度は試してみたいですね。

第2位 カルピス

ううううう。これは美味しいのか、、、、
実際に食べた人の感想では味がまろやかになり、辛さも少し抑えられるそうです。

しかも!なんと!冗談みたいなこのメニュー
実はカルピスの製造元の社員食堂に「カルピス・カレー」というメニューが実在するらしい。

社員食堂のメニューになるぐらいだから、味もそこそこ美味しいのだろう。。。恐るべし、カルピス。

第1位 かつおだし

え、まじで!?かつおだしって和食のメニューならわかるのですが。
しかも、せっかくの出汁のいい香り絶対にカレーの匂いに負けますよね。

作り方としては、具材を煮込むタイミングで入れるらしい。
おもいっきりカレーに打ち負けそうだが、かつおだしがカレーの味を引き立ててくれるらしい。

え、お湯を注ぐだけ!?インスタントカレーが進化している

ここまでは「味」について書いてきましたが、作り方でも意外な方法があるらしい。
カレーは美味しいけど、本格的に作るには煮込むのにも意外と時間がかかってしまうもの。。。

でも、

  • 急にカレーをすぐに食べたいと思う時。
  • 食欲はないけどカレーなら食べれそう。
  • だけど、作るのには時間をかけたくない。

そんな時ありませんか!?

僕は無類なカレー好きということもあり、
朝の時間がない時や休日にお腹が空いた時にレトルトカレーを食べることが度々あります。

レトルトカレーというと「レンジでチン」「湯煎」の2パターンが一般的かと思います。
ただ、今回見つけた商品の作り方は「お湯を注ぐ」です!

この商品、従来のレトルトカレーみたいにルーではなく、
「フリーズドライ」として販売されているんです。

しかも、提供は有名なアマノフーズさんなので安心ですね。
みなさん、即席の味噌汁とか召し上がったことある方多いのではないでしょうか? 

さらに!この商品、調理時間はカップ麺よりも短いたったの60秒!
カップ麺のように作れて時間が短いなんて、、、、!

種類も豊富で

  • 野菜と鶏肉
  • ひきわり豆のトマトカレー
  • かぼちゃのアーモンドカレー

の3種類と揃っている! 

時短なうえに種類も揃っているとは嬉しい限りです。

登山者に愛用されている

このカレー、フリーズドライといことで軽くて荷物にならないのが特徴。
登山で山頂まで登って、このカレーを食べる人が増えているみたい!
登山者の食べ物といえば「カップ麺」でしたが、今後はカレーを食べる人が増えていくかもしれませんね! 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人生いかに自分らしく、楽しく過ごすことができるか日々模索中。自分自身が楽しむのはもちろん、自分の関わる人が一人でも多く喜んでもらえる人間になりたいと思ってます。 仕事への価値観や時事ネタへの意見などジャンルフリーで描いています。 詳しいプロフィールはこちら